ファスナー交換の大変さ

一度壊れてしまうと自分で修理するのは大変なイメージのあるファスナー修理ですが、実際には以下のような行程を経て元のように使用できる状態で手元に戻ってきます。

ファスナーのバッグ修理は既についている壊れてしまったファスナーを直すのではなく、新しいものを付け替える作業になります。まずは、壊れてしまったファスナー部分を取り外します。一部が壊れてしまったファスナーは全てバッグ本体から糸を解いて取り外し、付け替えていきます。外した筒状のバッグ本体に新しく取り付けるために選んだデザインのファスナーを元の位置からずれないように貼り合わせます。そうすることでファスナー位置が変わらず隙間が空かないため、機能性も変わらず保つことが出来ます。貼り合わせたファスナーを取り付ける際に、既に開いている元の糸が通っていた針穴からずれてしまうとデザイン性が変わってしまうため、実際に縫い合わせる工程の前に、表側と裏側の針穴を合わせ、固定します。最後にバッグ専用のミシンで縫い合わせたら完成です。

もし、個人でバッグのファスナーを直そうとすると、通常のミシンでは固くて針が通りにくいバッグに縫い付けるために、専門的なバッグ専用ミシンの確保も必要になります。

Pocket